薄毛は、優秀な能力の証明でもあります。
つまり、ハゲ=「男性の進化系」といっても良いぐらいです!

性欲が強そう、頭が切れそう、強面で近づきヅライと、薄毛の人は、そんなイメージを時として持たれる場合があります。 約8000人の男性脱毛症患者を診察してきた佐藤明男医師によると、これは、あながち間違いではないようなのです。 すでに、ハゲや薄毛で悩む方は、ハゲや薄毛の原因が男性ホルモンの作用にあることは、周知の事実かもしれません。 男性ホルモンには、男らしい肉体を形成し、知能や生殖能力を高める善玉と、男性脱毛症や体毛・ヒゲの増加などを促進する悪玉の2種類があります。 善玉が多く分泌されるようになると、余分なものが悪玉に変換されてしまいます。 つまり、髪の薄さは、たくましい肉体や知能、生殖能力が高いといえる証明でもあるのです。 また、その傾向は、母方から隔世遺伝し、いわば、ハゲとは、『男性の進化系』ともいえるものなのです。 明治になるまで、わざと、頭頂を剃り、ちょんまげ(=年功を演出)にすることが社会のマナー、あるいは、常識となっていました。 企業の創業者である、本田宗一郎や孫正義なども薄毛です。薄毛は、パイオニア精神の証明でもある、というわけです。 一方で、力の強い男性が求められた狩猟社会から、農耕・生産社会へと時代が変化していくと、女性は、“管理しやすい男性”を求めるようになりました。つまり、幼く、カワイイジャニーズ系のような男性が支持されるようになったのです。男らしい、薄毛の男性が嫌われがちになったのは、そういった社会変化によるものなのでしょう。 現代が、薄毛に厳しい時代であることは残念ながら確かです。 薄毛のコンプレックスで、ネガティブになり、彼女もできないという人は、やはり多いようですしね。 ただ、現在はプロペシアなどの効果的な治療薬が出てきていますし、髪の状態が改善すると、性格が明るくなる人も多いです。頭皮のトラブルがなくなるだけでもイライラ感は緩和されますしね。 薄毛の人の潜在能力は、高いのですから、その能力をフルに発揮するためにも、治療するなり、スキンヘッドにするなり、薄毛対策をしたほうが良いでしょう。 髪を増やしたいなら、まず、専門医に診てもらうことがスタートです。 薄毛の進行段階により、効果的な治療法は変わりますし、民間療法や市販の商品には危険なもの、完全に間違ったものも多いといわれる時代です。治療は、早ければ、早いほど、早期解決になりますので、諦めずに、薄毛対策を行って行きましょう。

おすすめサイト
今話題の発毛情報を入手して将来のために育毛に取り組んでみてはいかがでしょうか?インターネットで検索すると、育毛に関する情報がたくさん出てきます。 それだけ育毛について感心が高いことが伺えます。
これらのサイトをいくつか見ていると、
発毛剤と育毛剤の使用と並行して基本的な生活習慣の改善であったり シャンプーはアミノ酸系のものを使用する、禁煙、食生活の改善が良いとされています。